上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MH4
こんばんわ。

今日は、全国的に大雪のようで、私の住んでいる地域も既に雪が積もっています。。。
関東では、45年振りの大雪だそうで、出かけるときは怪我をしないよう気を付けてくださいね。

さて今回は、前回言った通り、自己流シャガル攻略の後編を書いていこうと思います。
前回は、準備と心構えについて書いたので、今回は実践編になります。

主な内容は、
・攻撃手段
・エキスの採取タイミング
・各攻撃に対しての対処法
を主に書いていこうと思います。

それでは、始めましょう。
前回同様、操虫棍視点です。
ただ、他の武器でも応用ができる個所もあるので、ご参考程度に。


【攻撃手段】
操虫棍は、赤エキスを有り無しで攻撃モーションが変わります。
前編でもお話しましたが、赤白を採取している状態を前提として
書かせてもらいます。

・X
スティックを何も入れていない状態でXを押すと、縦に棍を回転させて、
3発当てる攻撃になります。
確か、モーション値としても優秀なので、なるべくこの攻撃からの派生をよく使います。
ただし、モーション自体が長いので、タイミングを誤ると、無防備になってしまうため、
気を付けなくてはなりません。。。

・X、A
縦3発攻撃から、振り抜く感じで2発攻撃を出します。
私は、結構この連携を多用します。Aの攻撃で全身し、振り抜いたあと、
緊急回避が任意で入れられるため、臨機応変に攻めに行けます。
ただ、これもモーション自体は大きめなので、使い方には注意です。

・↑X、X
2発突きから、2発の薙ぎ払いのような攻撃を出します。
これは、発生速度が速いので、隙が少なく使いやすいです。
困ったときや、少し攻撃を当てたいときなどに使います。

・X、X、A、A
縦3発、払い2発、横払い2発、振り抜き2発の攻撃です。
シャガルがダウンした状態でしか使いませんが、
ダウン以外でも最後のA抜きであれば結構使えると思います。

・↑A、A
前に飛び掛り攻撃1発、振り抜き2発の攻撃です。
主に前に移動しながら攻撃したいときに使います。


上の他にも連携はありますが、私は基本的に上に書いた攻撃を主に使っています。

【攻め方】
まず、シャガルについて。
細かいことは書きませんが、とりあえず頭にいれておいたほうがいいことだけ
書きます。

・弱点、龍属性が一番通るのは頭
・前足?(翼がついている足)の部位破壊前は、切れ味が青だと弾かれる
・ギルクエのLv76以降、土下座攻撃(上から押し潰すような攻撃)に震動が付く
・エキスは、頭 = 赤 、腹下/翼 = 橙、尻尾 = 緑、それ以外 = 白(大体な感じですが。。。)

くらいですかね。

それでは、ここからは各攻撃に対しての対処法などを書いていきます。

●飛び掛り
シャガルがピョンと飛び跳ねる感じで全身してくる攻撃?です。
?を付けた理由は、一応攻撃判定があるからですね。
ダメージとしては大きくはないものの、Lv100ともなると微妙に痛いです。。。
これについては、一応3色揃っている状態だと、仰け反りが発生しません。
対処という対処は特にないと思います。

●振り向き時の薙ぎ払い
シャガルの後ろを取っているときに、振り払うように攻撃しながら振り向きます。
この攻撃については、個人的に適当に回避していると普通に回避している感じです。
なので、攻撃のチャンスでもあります。

●突進
シャガルがちょっと下がって、そのまま真っ直ぐ突進してきます。
これが意外と移動速度が速いような気がします。
私的な避け方ですが、納刀状態であれば、ダッシュで横に避けます。
抜刀状態であれば、シャガルに向かって斜め前に避けます。
斜め前避けるタイミングは、「避ける方向(右 or 左)の前脚(翼ついている足)が
自分の避ける直前に上がるとき」です。
イメージとしては、地面と前脚の間を潜っていくと考えてもらえれば
わかりやすいかと思います。
失敗すると、前脚に体が引っかかって、直撃になります。。。
うまく避けたら、回復・研石(研石高速化のみ)・攻撃のいずれかを行います。
攻撃の場合は、↑A、Aで追いかけるように狙っていきます。

●踏みつけ
前脚で踏みつけるような攻撃を行います。
実は、この攻撃は
・左脚からのときは、左、右と2回連続 + たまに土下座
・右脚からのときは、右のみ
と攻撃パターンが決まっています。
なので、左脚(自分から見て右)から来たときは、避けに注力し、
右脚から来たときは、避けたあとにすぐ攻撃(X、A or X,X,A)を狙います。
左脚始動のときは、稀に土下座が付くことがあるので、2発出したあとに
ちょっと待って何もしてこなかったら、攻撃します。

●土下座
前脚を上にあげて、一気に踏み潰すように攻撃してきます。
恐らく、ギルクエシャガルでの一番乙率が高い攻撃ではないでしょうか。。。
ちなみに、防御力600程度であれば、怒り時の攻撃で一撃乙になります。
しかし、防御力600ちょっとで3色そろっている状態で、体力満タンであれば、少し残ります。
なので、発掘防具やスキルなどで防御力をあげておけば一撃乙を避けられるかもしれません。

また、ギルクエのLvが76を超えると震動が追加されます。
微妙と言えば、微妙なんですが、これで一番やっかいになるのが、怒り時に出てくる地面からの
火柱による攻撃です。
私の場合、震動グラグラ→火柱バコーン→起上りに突進重ねられドカーン→乙!
という流れがしばしばあります。。。
これについては、耐震のスキルがあればかなり有利に攻められます。
理由は、攻撃後完全にシャガル側が無防備になるので、避けた位置によりますが、
弱点の頭を攻撃できますチャンスです。

ちなみに、耐震がない状態での避ける向きですが、なるべく足元に移動してしまうのが
一番いいような気がします。
あくまでも操虫棍は、手数武器の部類に入るので、震動が来ない位置まで避けて、後ろ脚 or
尻尾を攻撃したほうがいいです。
耐震があれば、シャガルが正面にいる場合、後ろに避けて、そのまま頭を攻撃します。

●空中飛び掛り
シャガルが突然空中に飛び上り、急降下してきます。
これもイメージとしては突進と同じで斜め前方に避けます。
怒り時の場合は、この急降下のあとに突進してきますが、
これは、元々飛び掛り前にいた位置辺りに戻るだけなので、そのまま
移動していれば避けられると思います。
怒り時の場合は、この戻りのタイミングが研石、回復のチャンスです。

●3連ブレス
首をくるっと回す感じで単発ブレスをプレイヤーからみて
右、左、真ん中と打ってきます。
打つ方向は必ず同じなので、打つときは前進→右斜め前に動けば避けられます。
また、必ず3発打ってくるので、3発目のときに頭を攻撃できます。

●3wayブレス
シャガルが黒い球をはいて、時間差でプレイヤーのいる位置に3wayの球を飛ばします。
黒い球が地面に着弾したあと、3方向に線が入り、その方向に球が分裂するので、
基本的にはその間にいればいいんですが、大体は、プレイヤーの後ろに打ってくるので、
線が見えずにタイミング、位置を誤り直撃してしまいます。

これについては、操虫棍特有になるのですが、例えば頭を攻撃していて
球が打たれた場合、ちょっと遅めに後ろにジャンプするとうまく避けられます。
また、3wayブレス→土下座という行動もあり、これについても後ろジャンプで土下座の
範囲外 + 球の飛越ができます。
よくやるのは、
球打つモーション→頭にX→後ろ向きにジャンプ
ですかね。

●爆発ブレス
爆発型のブレスです。これは特性さえ知ってしまえば、さほど気になりません。
特性としては、
・出すモーションが大きい
・通常時は、必ず爆発が横に広がる
・怒り時は、必ず爆発が、初発が横、次発が縦に広がる
ということです。
つまりは、モーションに入ったら、前進 or 後退すればかわせるということです。
で、怒り時で初発を後退で避けた場合は、次は横に移動すれば避けることができます。
なので、怒り時の2発目のとき、シャガルは完全に無防備になるということです。

・空中飛び上り後の単発ブレス、薙ぎ払いブレス
空中に飛び上り、フワフワしたあとに単発のブレス or 薙ぎ払いのような
ブレスを打ってきます。

単発ブレスについては、ただ球が飛んでくるだけなので、特に何も意識しなくても
いいです。
薙ぎ払いについては、近くにいなければ基本打ってきません。

このシャガルが空中にいるときですが、攻める or 待つのどちらかとなりますが、
待つ場合は特に何も考えなくていいですが、攻めるときは、閃光玉で落とすか、
操虫棍の場合は、X攻撃を当てます。
X攻撃は縦に範囲が広いため、ちょうど頭と前足の間辺りを狙うと当てることができます。
閃光玉で落とした場合は、そのまま頭攻撃でいいんですが、気を付けないといけないのは、
その後、ピヨるわけですが、攻撃の向きが一定にならないため、想定外の方向に
攻撃する可能性があります。なので、閃光玉で落とした場合は、その点に気を付けてください。

●空中浮遊後からの飛び掛り
こっちの飛び掛りは、空中にフワフワ飛んだあと、飛び掛ってきます。
主に、空中に浮遊→単発ブレスを何回か→飛び掛りの流れが多いと思います。
これは、納刀して一気に避けたほうがいいような気がいます。

●地面からの火柱
怒り時に地面からランダム?に火柱が上がります。
これは、、、もう運になってしまいますね。。。
基本的に地面に出てくる合図があるので、それが見えたら移動するしかないでしょうか。。。
言えることは、これにあたっても泣かない!ってことですかねw

【エキスの採取タイミング】
シャガルはどちらかというと、エキス採取については簡単な部類だと思います。
正直、エキスなしで攻撃するくらいなら、攻撃できるタイミングでもいいから
エキスを取りに行ったほうがいいです。

また、エキス採取で気を付けないといけないことは、虫を飛ばすときよりも
虫を戻すときですね。
虫を飛ばすときは、敵の攻撃を意識して飛ばすと思いますが、
虫が当たった→すぐ戻す
としてしまうと、戻しのモーションで攻撃をくらってしまうかもしれないので、
戻すときも敵の攻撃を意識して戻したほうがいいです。

あとは、3色揃えるとき、大体最後は橙になると思うんですが、
そのときは、すぐ戻さずに赤or白が点滅したとき or 自動で戻ってくるとき
のほうがいいと思います。
2色揃えのときは、すぐ戻すことで効果時間を延長できますが、
3色のときは固定時間となるため、結果的に赤エキスの効果時間が
短くなってしまいます。。。
例えば、赤白で30秒維持している状態で、橙を取った場合・・・
赤エキスを維持している時間は
・すぐ戻した場合
 30秒(2色維持の時間) + 60秒(3色取得時の固定時間) = 90秒
・赤点滅(50秒)の時点で戻した場合
 50秒(2色維持の時間) + 60秒(3色取得時の固定時間) = 110秒
となります。
(上の計算上、白エキスは維持しっぱなしを想定しています。)
 

とりあえず、個人的に考えるエキス取得タイミングを書いておきます。

●赤
・シャガルの振り向き時
・3wayブレスの3発目
・爆発ブレスの1発目
・土下座を避けたあと
・踏みつけ後の硬直時

いろいろ書いていますが、よく使うタイミングは振り向き時ですかね。
意外とシャガルは、後ろに回り込んだ後、普通に振り向いてくれます。
なので、そのまま頭に虫を飛ばします。

●橙
・腹下辺りを攻撃したとき
・怒り時の爆発ブレス2発目

橙は、基本腹下くらいしか安定して採取できません。
なので、腹下に潜れるときに採取しています。
ただ、基本は赤白維持が主なので、橙は取れるときに取るくらいで考えています。

●白
白は、まぁ適当なときに普通に採取できるので、特に特記事項はないですね。




というわけで、一通り書いてみましたが、いかがだったでしょうか?
自己メモも含めてますし、自己流ということもあるので、
何かと変なところとかあるかもしれませんが、そこは目をつぶってあげてください!!
でも、ここはこうしたほうがいいとかアドバイスがあれば、ぜひ教えてください!!

ここまで読んでいただいた方は、長文失礼しましたm(_ _*)m

ではでは。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://skybluestream.blog.fc2.com/tb.php/5-113fe2d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。